目次に戻る
 ニュ−ジーランド紀行 その1 マウント・クック 
              
      その2 ミルフォード・サウンド  その3 テカポ湖
 
  2015年3月6日から12日4泊7日でニュージランド南島に出かけた。日本から南に9000kmシンガポール経由で1日を要した。
   島内の移動も大変で毎日6時間はバスの中だった。それでも広がる平原、雪をいだく山々、青い湖、フィヨルドに落ちる滝に
   目を奪われた。   
  ピーターズルックアウトから望むプカキ湖とサザンアルプス  glacial flour (氷河粉)によってこの独特の青さを示すという。

左 シンガポール
  チャンギ空港
 その大きさには
 圧倒される。
  450万人の国の
 空港を毎日15万人が
 利用し2万人以上が
 働いているという。


右 スカイトレイン
  チャンギ空港は
 三つの建物から
 なり、それぞれ
 2kmはありそうで
 スカイトレインで
 移動する。
 

左 クライスト
  チャーチへ
 11時間の飛行


右 クライストチャーチ
  空港、
 福岡から乗り継ぎを
 含め21時間、映画を
 4本見ました。

左 マウントクックへ
  一般道しかないが
 中央分離帯はなく
 制限速度は100km
 ドライバーズガイド
 のSさんは喋りっ
 ぱなし


右 カンタベリー平野
  牧場が広がり
 羊だけでなく、牛
 鹿、アルパカが
 放牧されている、
  面積は日本の
 4分の3だが人口は
 わずか450万人
 とにかく家がない、
  

左 世界自然遺産、
 国立公園の中にある
 ハーミテージホテル   海抜780m
 クライストチャーチ
 から332kmバスに
 ゆられ5時間かかった
  


エドモンド・ヒラリーの
  銅像、
   ホテルの横にある
 記念館の前にあった

ホテルの部屋から
 マウント・クックが
 正面に望めた。





右 キャンプ場と
   マウントセプトン
  テントよりキャンピング
 カーが多い。

ハーミテージホテル
  目立たない色で
 山裾にひっそりと
 立っている。

   国立公園内には、
 そこで働く人たちしか
 居住できないという。



右 マタゴオリ
  するどいトゲを持つ
 灌木で、開拓民を
 悩ましたという。
  トゲは空洞になっていて
 先住民のマオリは
 入れ墨を入れるのに
 使ったという。

左 第一吊橋
 フッカー・バレーを
 歩く。天候にも
 恵まれ雄大な景観に
 圧倒される。



右 ミューラー氷河湖と
 マウント・セプトン
  山脈の西側では
 年間1万mm以上の
 降雨があり山では
 大量の雪となり
 積もった雪がその
 重さで下方へ滑り
 氷河となるとか、
 山脈の東側は乾燥
 した平野が広がる。 

左 フッカーバレー
  氷河の末端まで
 行きたかったが
 今回は4時間しか
 歩けなかった

右 第二吊橋
  下を雪解けの
 激流が流れる

 マウントクック
  3724m
   ニュージーランドの
  最高峰で登頂は難しく
 試みる半数は途中で
 断念、山頂に達する
 のは年間100人程度
 だという。
  ヒラリーは この山で
 訓練、エベレスト初登頂を
 果たしたという
  現在は先住民マオリの
 呼称とあわせて正式には
 アオラキマウントクックと
 呼ばれる。

 時折雷鳴のような音がする、氷河が崩落する音だというが、音がしたときはすでに遅い、氷河のあちこちに亀裂が見られる。

左 青空と雪の山に万歳


右 マウントセプトン
  3151mと遭難慰霊碑
 

 この時期花少ないが
 夏にはお花畑を
 なすという

左 ジギタリス
  これは外来植物


右 ラージマウンテン
  デージー
  マウントクックリリーと
 ともにマウントクックを
 代表する花だが既に
 終わっていた。
  サザンアルプスの
 西側では多量の雨が
 降るというが東側は
 乾燥しているためか
 葉が大きくしかも厚い 

左 オールド・マンズ・
   ビヤード
  Old man's beard
   おじいちゃんの髭
  サルオガセ科
   木々に着生するが
 空中から水分を吸収
 光合成もおこない
 寄生植物ではない


 ゴブリンモスというのも
 ミルフォードにはあった


右 ?
   南半球にあり、
 固有種が多いという。
 
   その2 ミルフォード・サウンド                           目次に戻る